渋谷区宇田川町32-12
アソルティ渋谷B1F
TEL:03-3770-7755
渋谷 TAKE OFF 7 YouTube
渋谷 TAKE OFF 7 Twitter

You Tube
ハシグチカナデリヤ×The Super Ball
GAO
笠原弘子
LIVE DI:GA 2016
光上せあら

MONTHLY PICK UP

ymc&ハシグチカナデリヤ

12/2(金): 三原色の夕べ~青色編~
イエロー・シアン・マゼンタ×ハシグチカナデリヤ
 ツーマンライブ マゼデリヤ・ファンタジーⅢ-2
     ~導かれまくりし者達~

イエロー・シアン・マゼンタの企画ライブ「三原色の夕べ」3部作の今回は青色編。 大の仲良しのハシグチカナデリヤとの豪華2マンライブが決定!

Sonic Blew

12/15(木): Sonic Blew 1st One Man Show
      「ROCK YOUR BRAIN」

インストロックバンド「Sonic Blew」の初ワンマンライブが開催決定! 同日には 2nd EP「ROCK YOUR BRAIN」が全国リリースを開始! 多数のボーカルゲストも参加するこのプレミアムな一日は必見の価値あり!

オフィシャルHP : Sonic Blew official HP

161220_no_music

12/20(火): NO MUSIC! NO FAMILY!

様々な方面で活躍中のあらかわ家が全員集合する大人気イベント「NO MUSIC、NO FAMILY」が 今年は渋谷TAKE OFF 7で開催。

2man

12/21(水): ハシグチカナデリヤ×The Super Ball
   2man LIVE~Rin!Rin!Hi!Hi!なonly night~

アニメ「ナンバカ」の主題歌「Rin!Rin!Hi!Hi!」を唄うハシグチカナデリヤ hugs The Super Ballが渋谷TAKE OFF 7で再現! ループマシンを操る孤高の天才"ハシグチカナデリヤ"と2.5次元型ツイン・ヴォーカルユニット"The Super Ball"が 夢の2man LIVEを開催。

GAO

12/24(土): GAO LIVE「Skipping School vol.6」
      クリスマススペシャル!!

90年代の曲から最新曲までGAOの今一番旬な編成で楽しんでいただくスタンディングライブをクリスマスイブに渋谷TAKE OFF 7で開催。

オフィシャルHP : GAO official Website

笠原弘子

12/24(土): 笠原弘子 Xmas スペシャルライブ
      ~イヴの優しいちから~

昨年に引き続き笠原弘子のXmas スペシャルライブ、今回は斉藤 淳一率いるアイシテルズ☆スペシャル のサポートで素敵な夜になること間違いなし!

オフィシャルblog : 笠原弘子 オフィシャルブログ

Footmark Makers

12/26(月): Footmark Makers
      ワンマンライブ2016
  「フットメ vs 200人 ~起死回生の大勝負~」

2016年12月26日に開催されるフットメのワンマンライブ!しかし突然現れた謎のプロデューサーの指示により、 200人集客できなければ活動休止になることに…!? 彼らの運命はいかに…!?

オフィシャルHP : Footmark Makers official HP

LIVE DI:GA

12/30,31(金,土): LIVE DI:GA JUDGEMENT 2016

コンサートプロモーター・ディスクガレージが、毎年年末
に渋谷で開催している「LIVE DI:GA JUDGEMENT」。
今年も渋谷 CLUB QUATTROとTAKE OFF 7(渋谷)の2会場を上と下で行き来でき、2日間2会場で30組以上のロックバンドが出演予定! 極上のロックバンドの面々を迎え、このキャパシティ・そして東京の中心地、渋谷で観て貰いたい!という想いから開催します!
日本各地で年越しイベントが開催されている中、渋谷で一番アツくロックな年の瀬を過ごせる事間違いなし!

オフィシャルHP : LIVE DI:GA JUDGEMENT 2016

LIVE REPORT

11/20(日): まなみのりさ まみり対バンLIVE

まなみのりさが普段あまり対バンする事の無いバンドとの2マン企画。 今回は名古屋をベースに大活躍のミソッカスとの対バン。アイドルVSロックバンドとの異種格闘技戦の様子をお伝えする。

トップバターのミソッカスが昔懐かしいピンクレディーのUFOのSEのなか登場。 まなみのりさの男性ファンもスタートからとても友好的にいよいよライブスタート!
1曲目ミソッカスの代表曲「パパパ」でスタート。アップなビートにあわせ一気に会場の全員がハンズアップ。
Key.マイケルTHEドリームのあおりにも全員がのりのり。 Vo.デストロイはるきちの「おまえら全員みそまみれになっちまえ」の掛け声が響き渡り、そのまま2曲目「HITUJI SAVE ME」へ。 多彩な音楽を取り入れたミソッカスサウンド、アップなビートで会場は一気にミソッカスの世界へ。

ここでMCへ。
ボーカルのデストロイはるきちもあまりの盛り上がりに戸惑い気味。 今回はアイドルのまなみのりさとの対バン。 アイドルとの2マンはちょくちょく行うがファンの方々の反応がその時々で違うらしく、 今回もみんながどう思っているのかわからず、戸惑っているという。
まなみのりさ本人たちともどう接して良いのかわからないまま、 楽屋でのトークもほとんど出来なかったというピュアで人見知りのエピソードを話すと、 ファンの方からは仲良くしても良いと友好的反応。 まみりのファンと更に距離感が近くなる瞬間であった。

そしてライブは中盤へ。
4曲目「マッドシュリンプス」では距離感がぐっと近づいたまみりのファンも含め会場全員がノリノリの状態。 続く5曲目「沢蟹」、6曲目「ゴーストシップラブストーリー」では会場は最高のダンスフロアへ。
そしてライブは終盤、7曲目「I wanna be a ハンサム」と続き、本日最高にアップビートの「ホリディ」がラストソング。 会場の全員がミソッカスの世界へ、まさに最初のコメントの おまえら全員みそまみれになっちまった瞬間であった! そして温かいまみりのファンの人達の歓声でメンバーはステージを後にした。

ミソッカス

ミソッカスからのバトンをしっかり受け取り、まなみのりさのステージがスタート。

まずは「真夏のエイプリルフール」でスタート。
続く「ポラリスEpisode ZERO」ではサビの「まわるまわる」で全員が大合唱。会場のボルテージは一気に最高潮へ。 そして3曲目「ポラリス」へ突入。ここでは全員が右回り左回りと大きな円をつくり行進。 そこにはまみりのファン、ミソッカスのファン全員の楽しむ姿があった。

MCではともに人見知りであるまみり、ミソッカスの楽屋でのエピソードに触れ、 お互いに喋るタイミングを計っていて開演3分前でやっと話した内容や、 ミソッカスの名前の由来の一つである名古屋だからミソに行き着き、 その流れから4曲目「ドレみそロック」へ。 曲中でのコール&レスポンスでは、まみりが「ミソ」といって会場が「カス」の大合唱。 とてもとてもハートフルな光景であった。

ここからは4曲が続き、「汗と涙を」、「νポラリスAb」では全員が再度廻り、「Results」はしっとり歌い上げる。
そして本日の対バンライブのラストソング、 みのりのアカペラソロから全員のアカペラコーラスで始まった「逆襲のポラリス」。 静から動へ、全員がそして会場が一体となった瞬間であった。

まなみのりさ

通常あまり無いアイドルとバンドの2マンライブ。 音楽という切り口で互いが持つ熱量が上手く融合し それが暖かいファンの方々に伝わった素晴らしいライブであった。

page top
Copyright(C) SHIBUYA TAKE OFF 7 All Rights Reserved.