渋谷区宇田川町32-12
アソルティ渋谷B1F
TEL:03-3770-7755
渋谷 TAKE OFF 7 携帯サイトQRコード
渋谷 TAKE OFF 7 Twitter

まなみのりさ
RiNGO TONE
2MAN LIVE
カノエラナ
ROYALcomfort
明鏡止水
三浦祐太朗
Official髭男dism
back'cast'away
GAO
ティーンズ☆ヘブン

MONTHLY PICK UP

CLOWN

6/3(金): RiNGO TONE ワンマンライブ
「RiNGOと犬男」

RiNGO TONEの初ワンマンライブが開催決!! 2月に2nd mini album「にじいろのまくら」をリリースし全国展開を行っている勢い中、 ライブ当日はライブハウス限定シングル「新しい街」のリリースも発表!! 話題性、実力共に若手注目株のワンマンライブは必見の価値あり!!

東京SPECIAL LIVE

6/12(日): 東京SPECIAL LIVE

DEBUT PROJECTメンバーのメロフロート、SUNLITE、ぱんち☆ゆたか、CHO-SHINが揃っての東京SPECIAL LIVEを渋谷TAKEOFF7にて開催。

Chewing High!!

6/18(土): Chewing High!! Friends Party vol.2

Chewing High!!が気の合う仲間と渋谷TAKEOFF7で主催企画! 出演者みんなでセッション!来場者全員に限定ポストカードプレゼント!など 楽しい企画が満載。

2マンLIVE

6/19(日): 2マンLIVE~
Dorothy Little Happy×WHY@DOLL~

Dorothy Little HappyとWHY@DOLLとのスペシャル2マンライブが決定! 熱いLIVEになる事間違いなし!
*追記:Opening ActとしてKus Kusの出演が決定しました。

オフィシャルHP : WHY@DOLL Official Website

オフィシャルHP : Dorothy Little Happy Official Website

オフィシャルHP : Kus Kus Official Website

canal clan

6/28(火): Clan meeting vol.1

2016年2月、「偽電気ブラン」より「canal clan」に改名し、 新たな道を進み出した彼らが満を持してレコ発企画の開催を決定? お洒落でハイセンスなアーティストラインナップからも1st EPへの期待も高まる。

カノエラナ

6/30(木): カノエラナ メジャー1st MiniAlbum
「カノエラナ参上。」リリース記念MINI LIVE
『集え皆の衆!!!お披露目じゃ~い!!!』

8月31日(水)発売メジャー1st mini album「カノエ参上。」 リリース記念に、抽選で100名様が無料で招待のスペシャル限定記念ミニライブ

オフィシャルHP : カノエラナ オフィシャルウェブサイト

LIVE REPORT

4/20(水): LIVE!LIVE!WINGS

この日はTAKEOFF7主催『POP'N ROLL THE NIGHT』が個性豊かな6アーティストの出演で開催された。

最初に登場したのは【原大貴】
甘いマスクと心地よい歌声でお客を魅了する彼はLIVE活動を始めたのが最近だとの事。ひたむきに歌う姿や、初々しいMCに、応援したい気持ちにさせてくれるLIVEだった。 今後がとても楽しみなアーティストだ。

原大貴

2番手は【イエロー・シアン・マゼンタ】
独特の世界観を持った4人組バンド。登場した途端、ゆったりとした空気が会場を包む。VoGt.杉浦のゆるいMCや、突然ワウ(ギターエフェクター)で遊び始めるなど、 イエローシアンマゼンタワールド全開でLIVEは進んで行き、お馴染み『かなしい』観客も一緒にコーラスを楽しんだ。

イエロー・シアン・マゼンタ

続いて登場したのは【あさと夜ズ】
女性ボーカルの4人組バンド。一曲目の『おれんじの月』から手拍子が起こりノリノリでLIVEが進んでいく。 途中からは『ハルシグレ』『流星群』などバラードを中心に心地よい雰囲気のまま5曲を歌い上げ、次にバトンを渡した。

あさと夜ズ

LIVEは折り返しを迎え、後半は【two days market】
でスタート。
このバンドはTAKEOFF7で何度か観ているバンドだが、観る度に曲と歌声の良さに心を洗われる。 ロックな定番曲『Out sider』ポップな『Beliver』そしてバラードの『楓』など様々な色が 楽しめるLIVEだった。

two days market

豪華な和装で登場した【寿BAND】
このバンドもTAKEOFF7ではお馴染みの和楽器バンド。三味線や尺八を使用した和のサウンドに弦楽器のロックサウンド、そして2人の女性ダンサーがLIVEをより華やかにする。 『ねぶたばやし』では観客も合わせて大いに盛り上がり、『思い出のハイヒール』で明るく締めステージを後にした。

寿BAND

最後に登場するのはこの男【ハシグチカナデリヤ】
登場するなり『ニュートリノシンドローム』で会場を一気に熱くする。今日は3人での出場、LIVEを重ねる度確実にレベルをあげるLIVEパフォーマンスに毎度の事ながら鳥肌が立つ。 夏発売の新曲も含めて全8曲、見ごたえも聞きごたえもたっぷりのLIVEだった。当然のようにアンコールが起こり『キスマーク』で本日の公演が終了した。
終演後も熱気が冷めず、最高の1日となった。

ハシグチカナデリヤ

page top
Copyright(C) SHIBUYA TAKE OFF 7 All Rights Reserved.