渋谷区宇田川町32-12
アソルティ渋谷B1F
TEL:03-3770-7755
渋谷 TAKE OFF 7 YouTube
渋谷 TAKE OFF 7 Twitter

謹賀新年
Dorothy Little Happy
光上せあら
太田貴子
MELODIC COASTER
イエロー・シアン・マゼンタ
You Tube

MONTHLY PICK UP

渋谷和音祭

1/5(木): 渋谷新春和音祭

TAKE OFF 7恒例の伊藤多喜雄プロデュース渋谷新春和音祭。 2017年のスタートは2DAYSにて開催。

shibuya idol selection

1/7(土): Shibuya Idol Selection vol.29

渋谷のライブハウスで開催のアイドルイベントShibuya Idol Selectionが、今回でvol.29!
今回は渋谷TAKE OFF 7にて沢山のアイドルが出演。

Dorothy Little Happy

1/29(日): 2017Dorothy Little Happy
定期LIVE & 白戸佳奈バースディーLIVE

Dorothy Little Happyの2017年定期LIVEのスタートは1月29日から。 この日はなんと!なんと!夜公演では白戸佳奈さんのバースディーLIVEもあり、 ファンにとっては絶対に外せない1日!

オフィシャルHP : Dorothy Little Happy official blog

LIVE REPORT

12/15(木): Sonic Blew 1st One Man Show
「ROCK YOUR BRAIN」

この日はSonic Blewのレコ発ワンマンが開催された。

Sonic Blew

客電が落ちると、スクリーンにはこの日発売の【ROCK YOUR BRAIN】のリード曲「ROCK ON」のMVが。
そして、スクリーンが上がる同曲の演奏が始まった。 スタートからさすがの演出だ。

インストバンドであるSonic Blew。
歌もないのにお客さんが入るか心配だったとMCで話すSa. R.J.だったが、客席には沢山の観客が。とても嬉しかったことだろう。
そのままの勢いで「Varkyrie」「Tempest」と、激しいサウンドで客席を盛り上げる。

すると、先程とは一変、「Flower」ではゆったりとしたメロディの中に力強さを残したサウンドで、会場を魅了した。

そして、ステージセットを換えてアコースティックコーナーへと突入。「A Certain Brave Man」「A列車で行こう」を披露。いつもとは違う編成ということで、観客はもちろん本人達も楽しそうだった。

Sonic Blew

そしてゲストボーカルとして【大澤有紗】が登場。
普段とは異なる編成に加え、歌も入るという展開は予想しなかったのではないだろうか。 しっとりと歌い上げ、アコースティックらしい素敵な空間を作り上げた。

Sonic Blew

Sonic Blew

ここで一度小休止を挟んで2部へと突入。 2部は再びバンドスタイルに戻り、「Back to Emtion」からスタート。
再び会場をロックサウンドで包み込む。
そんなバンドスタイルにも、ゲストボーカルが登場した。

先に登場したのは【神山リナ】。伸びやかな歌声で花を添えた。
続いて【池辺ジャクソン】が登場。
力強い歌声とバンドサウンドに包まれ、会場は盛り上がりを見せた。
再度インストスタイルに戻ると、「暁乃蒼月」をしっとりと聴かせると、最後は「Splash Out」で再び会場を盛り上げた。

Sonic Blew

アンコールでは、Gt.ARKのソロ曲「笑顔になるために」を披露。
センターで歌うARKはなかなか珍しかったのではないだろうか。 そして、「Paint It Blew」「Rolling Days」と最後まで素晴らしい演奏を披露し、この1日に幕を閉じた。
誰の記憶にも残る、素晴らしい日になった。

page top
Copyright(C) SHIBUYA TAKE OFF 7 All Rights Reserved.